【裁判】別れさせ工作は公序良俗に反するのでしょうか?

別れさせ工作は公序良俗に反するかが争われた裁判の結果が出ました。

詳細は下記の記事をご確認下さい。

 

探偵の別れさせ工作は適法 自由意思で食事のみ、大阪

探偵業者が恋人間の交際を終わらせようと仕向ける「別れさせ工作」が、公序良俗に反するかどうかが争われた訴訟の控訴審判決で、大阪地裁(山地修裁判長)は29日、今回のケースでは「接触の方法は男女での食事にとどまり、自由な意思決定で行われた」とし、違反には当たらないと判断した。

探偵業者に報酬の未払い分70万円を支払うよう依頼人に命じた一審大阪簡裁判決を支持、依頼人側の控訴を棄却した。こうしたビジネスの是非に関する言及はなかった。

判決などによると、元恋人の女性との復縁を望む男性依頼人が2016年4月、大阪市の探偵業者に約130万円で工作を依頼。業者は関係者全員が独身であることを確認し、女性工作員を元恋人女性の交際男性に接触させ、連絡先を交換。男性の誘いで食事を重ねた。

約1カ月後、元恋人女性と一緒にいた男性に工作員が声をかけ、男性の二股交際を暴露。その後2人は別れた。

目的を達成した後、依頼人と連絡がなかなか取れなくなり成功報酬を支払わないため、同年12月、業者が未払い分70万円の支払いを求め提訴した。訴訟で依頼人は、性的関係もいとわない行き過ぎた工作で契約は無効と反論した。

山地裁判長は判決理由で、性的関係の事実はなく、「接触は人倫に反し、人格や尊厳を傷つける方法ではなく、公序良俗に反するとまでは言えない」と結論付けた。

別れさせ工作を巡っては、探偵の業界団体が「調査手法が法に抵触し、依頼人も処罰対象になる可能性がある」と自主規制する動きもある。〔共同〕

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】サイゾーウーマンの取材記事が掲載されました。

別れさせ屋ブログでご紹介しております、

【婚姻トラブル】の記事に目を付けて頂き、

サイゾーウーマンの取材を受けさせていただきました。

下記にサイトリンクと記事を掲載させて頂きます。

http://www.cyzowoman.com/2018/05/post_184471_1.html

別れさせ屋が「水難偽装・妻殺害事件」を考察――保険金殺人報道に「不倫相手の女性気になる」

 

昨年7月、和歌山県白浜町の海水浴場で、妻・野田志帆さんを水難事故に見せかけて死亡させたとして、和歌山地検が5月11日、野田孝史容疑者を殺人罪で起訴した。報道によると、孝史被告には彼の子どもを妊娠したキャバクラ嬢の不倫相手がおり、その事実を知った志帆さんとは離婚調停中だったそう。そして、志帆さんが亡くなる前、孝史被告は数カ月の間に2社で合計5000万円の生命保険をかけていたといい、保険金目当て殺人の線が浮上。「極悪非道な保険金殺人事件」として、世間の耳目を集める事態となっている。

そんな中、同事件に反応したのが、別れさせ屋・復縁屋の「ブリジャール」。男女間のトラブル解決を担う同社は、公式ブログで「毎年通った思い出の海水浴場に誘い出し、ダイビングのライセンスまで取得するほど海が好きな妻を、海に沈めた夫はどのような心境だったのでしょう」とつづり、同事件の動機と考えられるポイントを「復縁を断られ続けた妻を恨んでいた」「不倫相手と一緒になりたくて早く離婚協議を終わらせたかった」「離婚して他の男と再婚するくらいなら殺してしまおうと思った」「お金が欲しかった。または必要だった」と推察したのだ。

そこで今回、サイゾーウーマンでは、ブリジャールの代表に取材を敢行。婚姻トラブルに対峙してきたプロは、同事件をどのように見たのか、話を聞いた。

気になるのは、不倫相手のキャバクラ嬢

ブリジャールの代表は、まずブログ更新後、同事件の背景が徐々に明らかとなりつつあることに触れ、「現段階では、お金目的で、保険金殺人を行ったとみられると思います」と言及する。

「ブログには、『不倫相手と一緒になりたくて早く離婚協議を終わらせたかった』という動機が考えられると書いたのですが、不倫相手と一緒になりたかったら、スムーズに離婚できていたと思います。奥様も、復縁を望んでいたわけではないと思います。そこで、違和感を覚えてしまうのが、この被告の不倫相手の女性です」

不倫相手の女性は、被告の子どもを妊娠し、すでに出産していると報じられている。

「本当にこの男性を愛していて、結婚したいと思っていたら、早く奥様と離婚してくれることを望むと思うのですが……にもかかわらず、保険金をかけて殺害という期間を見守っていたとしたら……。不倫相手の女性も、被告の計画を知っていたのではないかと想像をめぐらせてしまいます。もちろん何も知らなかった可能性もありますが」

別れさせ屋を訪れるのは「不倫相手の女性」が多い

実際に、ブリジャールに相談を寄せる依頼者には、既婚者男性の不倫相手という立場の女性が多いという。

「『既婚者の彼と交際をしているのだが、「いつまでに離婚する」と言っているのに離婚してくれない』『彼の離婚が成立しないので、何とか力を貸してくれないか』というご相談が多いですね」

既婚男性の略奪をもくろむ不倫相手の女性の中には、「『奥様に消えてほしい、いなくなってほしい』と涙を流しながら訴えてくる方も、たまにいらっしゃいます。男性側が奥様と話し合ったものの、離婚を成立させられなかった、という方が『奥様さえいなければ……』という考えに至ってしまうようです」とのこと。

「お相手をどうにか振り向かせたいという強い思いを持ち、感情のコントロールができなくなってしまっている場合、まずはお話をお聞きし、共感します。そうすることで、落ち着きを取り戻される方が多くいらっしゃいます」

その後、ブリジャールでは、相手の配偶者に別れ工作専門の工作員を接触させるなどして、離婚という状況に導いていくとのこと。具体的には「例えば、奥様がジムに通っているならば、そこへ男性工作員を送り込んで恋愛関係を構築する。または、女性工作員を送り込み、奥様と仲良くなってから、男性を紹介するパターンなど、ケースバイケースで、何十種類もあります」という。

お金を払い、第三者に依頼してでも、既婚男性と一緒になりたい――そんな思いを抱く女性に多く接してきた代表。今回の事件における不倫相手の女性は、「そういった女性とは明らかに様子が違うように見える。やはり“お金”が目的だったように思います」という。

一方で、同社代表は、「不倫相手との結婚を阻む奥様と円満に別れたい」という依頼を持ってブリジャールを訪れる既婚男性もいることを指摘する。

「今回の件で被害者となった奥様は、『離婚したくない』と言っていたわけではなかったようですが……奥様と不倫相手の板ばさみにあって、『早く離婚したい』と当社へいらっしゃる既婚男性の方がいます。最初にこのニュースを知ったとき、保険金の話も出ていましたが、同時に『奥様と不倫相手の板ばさみになったのかな?』と感じました。奥様に手をかけてしまうのではないかと心配になるほど、焦っている既婚男性の方は、実際に多くいらっしゃいます」

警察によると、野田被告はこれまでの調べに対して、黙秘を続けているとのことだが、今後、どのように同事件の真相が浮き彫りになってくるのか。続報を待ちたい。

 

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】代表取締役が変更になりました。

拝啓

時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。
さて、私、佐々木亮は前代表取締役の退任に伴い、平成30年5月7日をもちまして、代表取締役に就任いたしました。

つきましては、浅学非才の身ではございますが、社業の発展に渾身の努力をいたす所存でございますのでなにとぞ一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬具
平成30年5月15日
株式会社BRILLAR
代表取締役 佐々木亮

別れさせ屋ブリジャール

結婚調査/結婚前調査について

近年ニュースを賑わしております結婚詐欺。

財産や遺産を目当てに相手が近づいてきて、

お金を借りたら姿をくらましてしまう。これが一昔前の結婚詐欺です。

しかし現在、ニュースを賑わしておりますのは

夫や妻を殺してしまう、殺人事件です。

保険金や遺産などを目当てに結婚し、毒物や練炭を使い自殺に

見せかけて殺してしまいます。

そのような事に巻込まれない様、結婚前に相手の事を

良く知っておきましょう。

下記に当てはまる方は注意が必要です。

・SNSなどインターネットを通じて知り合った。

・結婚相談所を通じて知り合った。

・交際期間が短いのに、結婚を急かされる。

・相手がプライベートな事を話したがらない。

・それとなく実家の商売や家族構成を探られている。

上記の様な事に当てはまる方は、是非一度ご相談下さい。

恋愛をしている時、盲目になってしまいがちです。

一度、第三者の客観的なアドバイスを聞いてみて下さい。

別れさせ屋ブリジャールは不安や悩みを希望に変えます。

 

別れさせ屋ブリジャール

探偵業法違反による行政処分情報

警視庁による探偵業の行政処分が一件追加されました。

詳しくは下記テキストをクリックして確認して下さい。

公安委員会が営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者を公表しています。

掲載期間は3年になります。

今回は契約トラブルが原因での行政処分ですが、

ご依頼者様は十分にお気を付け下さい。

弊社、別れさせ屋ブリジャールで利用している契約書類は

弁護士事務所に依頼し、ご依頼者様にとって分かりやすい内容に

なっております。

もちろんご依頼者様個別に作成しておりますので、

契約トラブルは過去に一件もございません。ご安心下さい。

別れさせ屋ブリジャール

夫・妻と離婚したい方へ弁護士紹介のご案内

弊社「別れさせ屋サービス」をご利用のお客様も、

ご相談のみのお客様も、状況に応じた弁護士事務所をご紹介致します。

離婚したい」、「別れたい」と思っても今後の生活が心配、

という方は多数いらっしゃいます。

そのような方には是非ご利用いただきたく思います。

弁護士事務所は敷居が高い、という方も無料相談をしてみれば

安心を実感できると思います。

ご利用者様の反響は、

「直接相手と話すと情が出てしまうから交渉しやすかった」

「専門的な知識で相手を納得させることができた」

「有利な状況で離婚出来て、今後の生活の不安が消えた」

など良い反響を頂いております。

別れさせ屋ブリジャールでは有利な離婚に向けた、

不倫調査、浮気調査を行い証拠集めをお手伝い致します。

特にお子様がいらっしゃる方は、大切なお子様が安心して

成人できますように金銭面などは妥協しないで下さい。

弁護士事務所へのご相談は是非一度弊社にご相談下さい。

別れさせ屋ブリジャール

別れさせ屋による復讐や嫌がらせ

最近は安定しない天気が続いております。

その安定しない天気の様なジメッとしたご相談がございます。

大体、夜中にかかってくるのですが内容は復讐に近い事柄です。

元交際相手を懲らしめたい

不倫相手の家庭をぶち壊したい

不倫相手の家庭に嫌がらせをしてほしい

あげたらキリがないほど夜中の相談は冷静ではない方が・・・

別れさせ屋ブリジャール復讐屋ではございませんので、

もちろん怨恨、嫌がらせの依頼はお受けできません。

男女問題は相手へ嘘を重ねたりしてお付き合いし続けると、

最後はとんでもない事件になったり、恨みを買ったり、

良いことが一つもありません。

もちろんその逆で、恨んだり憎んだり、嫌がらせをしても、

その状況が良くなることはありません。

弊社、別れさせ屋ブリジャールでは相手に恨みを抱いている方に

対しては、考え直す様に説得させていただき、解決を勧めます。

一人で考えてしまうと良い方向には行きせんので、

まずは一度ご相談下さい。

別れさせ屋ブリジャール

別れさせ屋による失敗事例

弊社では数多くの案件を預かる中で、やはり失敗してしまった

事例もございます。

まず一つ目が結婚間近のカップルを別れさせるという案件。

こちらはあの手この手を使い別れさせ工作を試みましたが、

単純に結婚の話が進みすぎて、阻止することが不可能でした。

しかし、かなりの打撃を与えることができ、業務終了後に

離婚したという話を依頼者から聞きました。

もちろん成功報酬は頂いておりません。

 

次に二つ目の失敗事例です。

こちらはお客様が勝手な行動をしてしまい、探偵が尾行している

事がばれてしまいました。

元カノを調査し現在の彼氏と別れさせてほしい、という案件でした。

しかし事前調査の段階の仲睦まじい様子の写真をみて、

我慢できなかったようで、元カノに言いがかりを付けてしまいました。

結果、調査の続行が不可能になり、依頼者様と音信不通に

なってしまいました。

私達もお客様との信頼関係が足りず、反省しました。

他にも失敗事例はございますので、またアップしたいと思います。

弊社、別れさせ屋ブリジャールでは日々成功の確率を上げていく

ために努力し続け、失敗事例も隠したりしません。

必ず成功の鍵は隠されているのです。是非一度ご相談下さい。

別れさせ屋ブリジャール

愛人と別れたい方へ

 

愛人と別れたい」男性からも女性からも頂くご相談です。

色々なパターンがございますが、「子供が生まれるから」、

「相手が本気になってしまって怖い」、「冷めてしまった」

様々な理由、きっかけがあり別れを選択するようですが、

愛人として秘密を共有し合ってきた二人は別れるのが非常に、

難しいです。

ご依頼いただく方はすでに別れを告げたけれど、

相手が納得しない、別れたがらない、しまいには暴露する、

と脅されてしまっている方も多くいらっしゃいます。

W不倫」ならまだ話は早いのですが、未婚女性や未婚男性を

相手にしてしまうと簡単には別れることができません。

弊社、別れさせ屋ブリジャールでは、この様に数多くの

ご相談、ご依頼を頂き豊富な経験を積んで参りました。

愛人と別れたい」というご依頼では多くの成功例を作って

参りました。上記のお悩みをお持ちの方は一度ご相談下さい。

別れさせ屋ブリジャール

セクハラ・パワハラ上司と離れたい

「セクハラ・パワハラ上司との関係を断ちたい」という方が増えております。

会社に勤めている方はわかると思いますが、最近は「ブラック企業

という言葉が流行っているように、サービス残業を強要されたり、

過酷なノルマを強制されたり、様々なトラブルが潜んでおります。

会社に報告すれば、さらに厳しい待遇に置かれて退職を強要、

というような事例もあり、公にするのが難しいのが現状です。

そこで別れさせ屋ブリジャールではブラック企業対策に乗り出し、

あくまで自然な形で会社からセクハラ・パワハラ上司を追い出し、

環境改善に努めて参りました。

上記の様なお悩みをお持ちの方は、一度ご相談下さい。

誰かが立ち上がらないと道は開けません。

 

別れさせ屋ブリジャール