【婚姻トラブル】年下夫を妻が不倫相手と殺害する

最近、驚くような夫婦間での殺人事件が相次いでおります。

前回の記事前々回の記事も一風変わった事件でした。

今回も20歳も下の夫を、16歳も下の不倫相手と殺害するという事件でした。

こちらの加害者の妻は結婚や離婚を繰り返し、いずれも年下男性と結婚しているようです。しかも今回の事件の加害者と夫は友人という奇妙な関係でした。さらに遺体を発見した妻の息子と被害者が友人という、複雑な人間関係。

妻と不倫相手の男性が殺害した動機はなんでしょうか。理由を考えてみました。

①保険金をかけてお金目的で殺害。

②不倫相手と一緒になりたくて、相談して殺害。

③不倫相手が殺してしまい、隠ぺいを手伝った。

④夫から暴力を受けていて妻が恨んでいた。

いずれにせよ妻と不倫相手には強い結びつきを感じます。

別れさせ屋ブリジャールでは不倫関係のご相談を数多く頂きます。不倫関係にある二人は誰にも相談できずに間違った決断をしてしまいがちです。45歳にもなる女性ですら、間違いを起こしてしまう事があるのです。

悩んでしまいどうしようもない時は、是非一度ブリジャールにご相談下さい。誰にも言えない悩みだからこそ真剣に向き合ってきた会社でございます。

妻と交際相手の2人を死体遺棄容疑で逮捕

三重県鈴鹿市稲生塩屋1、解体作業員、横山麗輝(よしき)さん(25)が5月に殺害された事件で、県警捜査1課と鈴鹿署は24日、同居していた妻のスナック経営、横山富士子容疑者(45)と、富士子容疑者の交際相手で会社員、上山真生(うえやま・まお)容疑者(29)=鈴鹿市住吉2=を死体遺棄容疑で逮捕した。県警は、2人が横山さん死亡の経緯も知っているとみて調べている。

 捜査関係者によると、上山容疑者は富士子容疑者のスナックの常連客。2人の関係が親密となって夫婦間でトラブルが起き、富士子容疑者は周囲に「離婚したい」と話していたという。上山容疑者と横山さんも一緒に飲酒する仲だった。

 逮捕容疑は共謀して5月13日午前5時10分ごろ、横山さん方駐車場に駐車中の軽自動車内に横山さんの遺体を遺棄したとしている。2人は容疑を否認しているとみられる。

 県警によると、スナック付近の防犯カメラや夫婦の通話履歴から容疑が浮上した。富士子容疑者はこれまで「夫は午前5時ごろ、1人で店を出た。5時15分ごろに『もうすぐ家に着く』と電話を切った後、連絡が取れなくなった」と県警に説明していた。通話履歴は確認されたが、この際に横山さんは既に死亡していた可能性がある。

 捜査関係者によると、5月13日早朝、富士子容疑者のスナック近くの防犯カメラに、横山さんの軽自動車を運転する上山容疑者が映っており、スナックの駐車場を出て横山さん方の方向に向かっていた。県警は横山さんがスナック店内で殺害され、上山容疑者が遺体を横山さん方駐車場まで運んだとみている。また、他に事件に関与した人物がいるとの見方を強めている。

 横山さんは5月13日午前5時55分ごろ、軽自動車後部座席で電気の延長コードを首に巻かれ、倒れていた。富士子容疑者の依頼を受けて捜していた富士子容疑者の息子が発見した。司法解剖の結果、死亡推定時刻は13日明け方で、頸(けい)部圧迫による窒息死と判明した。

別れさせ屋ブリジャール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です