【裁判】別れさせ工作は公序良俗に反するのでしょうか?

別れさせ工作は公序良俗に反するかが争われた裁判の結果が出ました。

詳細は下記の記事をご確認下さい。

 

探偵の別れさせ工作は適法 自由意思で食事のみ、大阪

探偵業者が恋人間の交際を終わらせようと仕向ける「別れさせ工作」が、公序良俗に反するかどうかが争われた訴訟の控訴審判決で、大阪地裁(山地修裁判長)は29日、今回のケースでは「接触の方法は男女での食事にとどまり、自由な意思決定で行われた」とし、違反には当たらないと判断した。

探偵業者に報酬の未払い分70万円を支払うよう依頼人に命じた一審大阪簡裁判決を支持、依頼人側の控訴を棄却した。こうしたビジネスの是非に関する言及はなかった。

判決などによると、元恋人の女性との復縁を望む男性依頼人が2016年4月、大阪市の探偵業者に約130万円で工作を依頼。業者は関係者全員が独身であることを確認し、女性工作員を元恋人女性の交際男性に接触させ、連絡先を交換。男性の誘いで食事を重ねた。

約1カ月後、元恋人女性と一緒にいた男性に工作員が声をかけ、男性の二股交際を暴露。その後2人は別れた。

目的を達成した後、依頼人と連絡がなかなか取れなくなり成功報酬を支払わないため、同年12月、業者が未払い分70万円の支払いを求め提訴した。訴訟で依頼人は、性的関係もいとわない行き過ぎた工作で契約は無効と反論した。

山地裁判長は判決理由で、性的関係の事実はなく、「接触は人倫に反し、人格や尊厳を傷つける方法ではなく、公序良俗に反するとまでは言えない」と結論付けた。

別れさせ工作を巡っては、探偵の業界団体が「調査手法が法に抵触し、依頼人も処罰対象になる可能性がある」と自主規制する動きもある。〔共同〕

別れさせ屋ブリジャール

【婚姻トラブル】年下夫を妻が不倫相手と殺害する

最近、驚くような夫婦間での殺人事件が相次いでおります。

前回の記事前々回の記事も一風変わった事件でした。

今回も20歳も下の夫を、16歳も下の不倫相手と殺害するという事件でした。

こちらの加害者の妻は結婚や離婚を繰り返し、いずれも年下男性と結婚しているようです。しかも今回の事件の加害者と夫は友人という奇妙な関係でした。さらに遺体を発見した妻の息子と被害者が友人という、複雑な人間関係。

妻と不倫相手の男性が殺害した動機はなんでしょうか。理由を考えてみました。

①保険金をかけてお金目的で殺害。

②不倫相手と一緒になりたくて、相談して殺害。

③不倫相手が殺してしまい、隠ぺいを手伝った。

④夫から暴力を受けていて妻が恨んでいた。

いずれにせよ妻と不倫相手には強い結びつきを感じます。

別れさせ屋ブリジャールでは不倫関係のご相談を数多く頂きます。不倫関係にある二人は誰にも相談できずに間違った決断をしてしまいがちです。45歳にもなる女性ですら、間違いを起こしてしまう事があるのです。

悩んでしまいどうしようもない時は、是非一度ブリジャールにご相談下さい。誰にも言えない悩みだからこそ真剣に向き合ってきた会社でございます。

妻と交際相手の2人を死体遺棄容疑で逮捕

三重県鈴鹿市稲生塩屋1、解体作業員、横山麗輝(よしき)さん(25)が5月に殺害された事件で、県警捜査1課と鈴鹿署は24日、同居していた妻のスナック経営、横山富士子容疑者(45)と、富士子容疑者の交際相手で会社員、上山真生(うえやま・まお)容疑者(29)=鈴鹿市住吉2=を死体遺棄容疑で逮捕した。県警は、2人が横山さん死亡の経緯も知っているとみて調べている。

 捜査関係者によると、上山容疑者は富士子容疑者のスナックの常連客。2人の関係が親密となって夫婦間でトラブルが起き、富士子容疑者は周囲に「離婚したい」と話していたという。上山容疑者と横山さんも一緒に飲酒する仲だった。

 逮捕容疑は共謀して5月13日午前5時10分ごろ、横山さん方駐車場に駐車中の軽自動車内に横山さんの遺体を遺棄したとしている。2人は容疑を否認しているとみられる。

 県警によると、スナック付近の防犯カメラや夫婦の通話履歴から容疑が浮上した。富士子容疑者はこれまで「夫は午前5時ごろ、1人で店を出た。5時15分ごろに『もうすぐ家に着く』と電話を切った後、連絡が取れなくなった」と県警に説明していた。通話履歴は確認されたが、この際に横山さんは既に死亡していた可能性がある。

 捜査関係者によると、5月13日早朝、富士子容疑者のスナック近くの防犯カメラに、横山さんの軽自動車を運転する上山容疑者が映っており、スナックの駐車場を出て横山さん方の方向に向かっていた。県警は横山さんがスナック店内で殺害され、上山容疑者が遺体を横山さん方駐車場まで運んだとみている。また、他に事件に関与した人物がいるとの見方を強めている。

 横山さんは5月13日午前5時55分ごろ、軽自動車後部座席で電気の延長コードを首に巻かれ、倒れていた。富士子容疑者の依頼を受けて捜していた富士子容疑者の息子が発見した。司法解剖の結果、死亡推定時刻は13日明け方で、頸(けい)部圧迫による窒息死と判明した。

別れさせ屋ブリジャール

【婚姻トラブル】妻を殺害したマザコン夫が母親と遺体を埋める

驚くようなニュースが起きてしまいました・・・

妻を殺害した夫が、母親と遺体を埋める、という衝撃のニュース。

当初、妻の殺害を母親に相談したら、息子を助けたい一心で死体遺棄に協力したのか、と思っていました。しかしどうやら殺害の段階から関与していたとの事。

夫婦間の悩みを母親に相談する男もどうかと思いますが、義理の娘を自宅に埋める母親もどうでしょう。この親にしてこの息子あり、でしょう。殺された被害者の親御さんとも面識があるでしょうし、何とも思わないのでしょうか。息子を守るためなら何でもありなんでしょう。エリートサラリーマンに育て上げる前に、自立した考えを持たせる事の方が先だと思います。

このニュースを見たときの感想は、母親と遺体を埋めたことで注目を浴びていますが、誰にでも起こりえる夫婦間の問題だと思いました。離婚原因で最も多いのが「性格の不一致」です。お互いに不満が溜まり、離婚に至りますが、時に殺人事件に発展する事がございます。

ふとした瞬間に、あなたが加害者にも被害者にもなりえるのです。

別れさせ屋ブリジャールでは夫婦問題のアドバイスも行っております。お悩みの事がある方は是非一度ご相談下さい。

 

茨城の女性遺棄、きょう再逮捕 元銀行員と義母、殺人容疑で
茨城県取手市の住宅で弥谷(やたに)麻衣子さん(30)の遺体が見つかった事件で、千葉県警が殺人容疑で、夫で元銀行員の鷹仁(たかひと)容疑者(36)と義母の恵美容疑者(63)=いずれも死体遺棄容疑で逮捕=を7日に再逮捕する方針を固めたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、両容疑者は共謀し、3月4日夜までに麻衣子さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。
 県警の取り調べに対し、鷹仁容疑者は「妻の看病などで夫婦生活に限界がきていた」などと話し、麻衣子さん殺害をほのめかす供述をしている。
 両容疑者は麻衣子さんの生前に遺体を埋める穴を恵美容疑者宅に掘るなどしており、県警は鷹仁容疑者が麻衣子さんとの生活について恵美容疑者に相談している中で、麻衣子さんの殺害に話が発展したとみて詳しい経緯を調べる。
別れさせ屋ブリジャール