別れさせ屋による殺人事件

2009年に起きた「別れさせ屋」による殺人事件ですが、

このニュースをきっかけに「別れさせ屋」が注目を浴び、

この事件をきっかけに「別れさせ屋」という職業が非難を浴びました。

この事件を簡単に説明すると、

対象者は被害女性、依頼者は被害女性の夫。

依頼者である被害女性の夫から、妻に男性工作員を接触させ、

不倫の証拠を掴んでほしい、それを離婚の材料にしたい、

という依頼内容でした。

その後、工作員は被害女性と交際をして、離婚は成立しました。

問題はこの後。工作員だった妻子ある男性が被害女性に好意を抱き、

その後も交際を継続、工作員であった過去がばれて、口論の末に

被害女性を絞殺した、という事件です。

この工作員には懲役15年の実刑判決が下りました。

この工作員には妻子があり、探偵会社も解雇されていたみたいです。

色々な批判があるのは百も承知のこの業界ですが、

一つ視点を変えて言えることは、

「別れさせ工作が成功している」

という事実です。

別れさせ屋ブリジャールでは工作員を含め、社員教育を徹底し、

ご依頼者の幸せを実現するために日々精進致します。

別れさせ屋ブリジャール