【お知らせ】サイゾーウーマンの取材記事が掲載されました。

別れさせ屋ブログでご紹介しております、

【婚姻トラブル】の記事に目を付けて頂き、

サイゾーウーマンの取材を受けさせていただきました。

下記にサイトリンクと記事を掲載させて頂きます。

http://www.cyzowoman.com/2018/05/post_184471_1.html

別れさせ屋が「水難偽装・妻殺害事件」を考察――保険金殺人報道に「不倫相手の女性気になる」

 

昨年7月、和歌山県白浜町の海水浴場で、妻・野田志帆さんを水難事故に見せかけて死亡させたとして、和歌山地検が5月11日、野田孝史容疑者を殺人罪で起訴した。報道によると、孝史被告には彼の子どもを妊娠したキャバクラ嬢の不倫相手がおり、その事実を知った志帆さんとは離婚調停中だったそう。そして、志帆さんが亡くなる前、孝史被告は数カ月の間に2社で合計5000万円の生命保険をかけていたといい、保険金目当て殺人の線が浮上。「極悪非道な保険金殺人事件」として、世間の耳目を集める事態となっている。

そんな中、同事件に反応したのが、別れさせ屋・復縁屋の「ブリジャール」。男女間のトラブル解決を担う同社は、公式ブログで「毎年通った思い出の海水浴場に誘い出し、ダイビングのライセンスまで取得するほど海が好きな妻を、海に沈めた夫はどのような心境だったのでしょう」とつづり、同事件の動機と考えられるポイントを「復縁を断られ続けた妻を恨んでいた」「不倫相手と一緒になりたくて早く離婚協議を終わらせたかった」「離婚して他の男と再婚するくらいなら殺してしまおうと思った」「お金が欲しかった。または必要だった」と推察したのだ。

そこで今回、サイゾーウーマンでは、ブリジャールの代表に取材を敢行。婚姻トラブルに対峙してきたプロは、同事件をどのように見たのか、話を聞いた。

気になるのは、不倫相手のキャバクラ嬢

ブリジャールの代表は、まずブログ更新後、同事件の背景が徐々に明らかとなりつつあることに触れ、「現段階では、お金目的で、保険金殺人を行ったとみられると思います」と言及する。

「ブログには、『不倫相手と一緒になりたくて早く離婚協議を終わらせたかった』という動機が考えられると書いたのですが、不倫相手と一緒になりたかったら、スムーズに離婚できていたと思います。奥様も、復縁を望んでいたわけではないと思います。そこで、違和感を覚えてしまうのが、この被告の不倫相手の女性です」

不倫相手の女性は、被告の子どもを妊娠し、すでに出産していると報じられている。

「本当にこの男性を愛していて、結婚したいと思っていたら、早く奥様と離婚してくれることを望むと思うのですが……にもかかわらず、保険金をかけて殺害という期間を見守っていたとしたら……。不倫相手の女性も、被告の計画を知っていたのではないかと想像をめぐらせてしまいます。もちろん何も知らなかった可能性もありますが」

別れさせ屋を訪れるのは「不倫相手の女性」が多い

実際に、ブリジャールに相談を寄せる依頼者には、既婚者男性の不倫相手という立場の女性が多いという。

「『既婚者の彼と交際をしているのだが、「いつまでに離婚する」と言っているのに離婚してくれない』『彼の離婚が成立しないので、何とか力を貸してくれないか』というご相談が多いですね」

既婚男性の略奪をもくろむ不倫相手の女性の中には、「『奥様に消えてほしい、いなくなってほしい』と涙を流しながら訴えてくる方も、たまにいらっしゃいます。男性側が奥様と話し合ったものの、離婚を成立させられなかった、という方が『奥様さえいなければ……』という考えに至ってしまうようです」とのこと。

「お相手をどうにか振り向かせたいという強い思いを持ち、感情のコントロールができなくなってしまっている場合、まずはお話をお聞きし、共感します。そうすることで、落ち着きを取り戻される方が多くいらっしゃいます」

その後、ブリジャールでは、相手の配偶者に別れ工作専門の工作員を接触させるなどして、離婚という状況に導いていくとのこと。具体的には「例えば、奥様がジムに通っているならば、そこへ男性工作員を送り込んで恋愛関係を構築する。または、女性工作員を送り込み、奥様と仲良くなってから、男性を紹介するパターンなど、ケースバイケースで、何十種類もあります」という。

お金を払い、第三者に依頼してでも、既婚男性と一緒になりたい――そんな思いを抱く女性に多く接してきた代表。今回の事件における不倫相手の女性は、「そういった女性とは明らかに様子が違うように見える。やはり“お金”が目的だったように思います」という。

一方で、同社代表は、「不倫相手との結婚を阻む奥様と円満に別れたい」という依頼を持ってブリジャールを訪れる既婚男性もいることを指摘する。

「今回の件で被害者となった奥様は、『離婚したくない』と言っていたわけではなかったようですが……奥様と不倫相手の板ばさみにあって、『早く離婚したい』と当社へいらっしゃる既婚男性の方がいます。最初にこのニュースを知ったとき、保険金の話も出ていましたが、同時に『奥様と不倫相手の板ばさみになったのかな?』と感じました。奥様に手をかけてしまうのではないかと心配になるほど、焦っている既婚男性の方は、実際に多くいらっしゃいます」

警察によると、野田被告はこれまでの調べに対して、黙秘を続けているとのことだが、今後、どのように同事件の真相が浮き彫りになってくるのか。続報を待ちたい。

 

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】代表取締役が変更になりました。

拝啓

時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。
さて、私、佐々木亮は前代表取締役の退任に伴い、平成30年5月7日をもちまして、代表取締役に就任いたしました。

つきましては、浅学非才の身ではございますが、社業の発展に渾身の努力をいたす所存でございますのでなにとぞ一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬具
平成30年5月15日
株式会社BRILLAR
代表取締役 佐々木亮

別れさせ屋ブリジャール

【婚姻トラブル】夫が妻を事故に見せかけて殺害

夫が妻を事故に見せかけて殺害する痛ましい事件が起きました。

この夫婦、離婚協議中だったようです。

原因は夫の不倫と金銭問題。

更には事件の直前に妻に死亡保険金をかけていたようです・・・

 

毎年通った思い出の海水浴場に誘い出し、

ダイビングのライセンスまで取得するほど海が好きな妻を、

海に沈めた夫はどのような心境だったのでしょう。

 

殺害を選択する理由をいくつか考えてみました。

・復縁を断られ続けた妻を恨んでいた。

・不倫相手と一緒になりたくて早く離婚協議を終わらせたかった。

・離婚して他の男と再婚するくらいなら殺してしまおうと思った。

・お金が欲しかった。または必要だった。

 

いくつか理由はあると思います。

私達は男女問題で感情がコントロールできない方を沢山みてきました。

しかし逮捕されて実刑判決を受けることになれば、

不倫相手にも自由に会えない。

死亡保険金も受け取れない。

亡き妻に対して、ご遺族に対して一生償わなければいけません。

加害者としても全くメリットにならないのです。

 

私達ブリジャールはこのような痛ましい事件を繰り返さない為に、

また新たな幸せに向かって踏み出せるように最善を尽くします。

 

恋愛関係、婚姻関係、不倫関係にお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

和歌山で溺死装い妻殺害 容疑の男逮捕、保険金狙いか

 

和歌山県白浜町の海水浴場で2017年7月、シュノーケリングをしていた大阪市旭区の飲食店店長、野田志帆さん(当時28)を溺れさせて殺害したとして、県警は19日、夫の運転手、孝史容疑者(29)=大阪市天王寺区堂ケ芝1=を殺人の疑いで逮捕した。黙秘している。

県警によると、野田さんは生命保険に加入しており、水難事故に見せかけた保険金殺人事件の疑いがあるとみて調べている。事件前、野田さんは夫への不満を知人に相談していた。

逮捕容疑は17年7月18日午後4時50分ごろ、白浜町の臨海浦海水浴場で野田さんを溺れさせ、殺害した疑い。野田さんは2日後に搬送先の病院で死亡した。

野田さんは岩場で溺れ、孝史容疑者が監視員に助けを求め、共に救助した。孝史容疑者は当時、「トイレに行っている間に溺れた」と説明したが、ライセンスを持っていながら溺れたことや遺体の解剖結果に不自然な点があった。

捜査の過程で、孝史容疑者が当時勤務していた大阪市内の会社から衣料品を盗んだ疑いが浮上。和歌山県警は17年12月以降、4回にわたり、窃盗などの疑いで同容疑者を逮捕した。うち3件の窃盗事件が起訴された。

2人は旭区で一緒に暮らしていた。孝史容疑者は事件後、天王寺区の実家に戻った。〔共同〕

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】探偵業届出番号変更のご案内

平成29年1月31日の屋号取得に伴い、

平成29年1月31日付で探偵業届出番号が変更になりました。

下記にご案内申し上げます。

 

旧探偵業届出番号:第30160236号

新探偵業届出番号:第30170016号

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】探偵業届出番号変更のご案内

平成28年10月10日の事務所移転に伴い、

平成28年10月13日付で探偵業届出番号が変更になりました。

下記にご案内申し上げます。

 

旧探偵業届出番号:第30140078号

新探偵業届出番号:第30160236号

 

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】事務所移転のご案内

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび弊社、株式会社BRILLARは、
平成28年10月10日付で事務所を移転することになりました。
それに伴い住所、電話番号を変更することになりましたので、
下記にご案内申し上げます。
これを機に、社員一同気持ちを新たにし、皆様の信頼にお応えできるよう、
より一層努力をしてまいる所存でございます。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
旧住所:
東京都新宿区西新宿7-19-22 新宿ダイカンプラザシティ506号
新住所:
東京都新宿区西新宿4-12-8 フジサンコービル4F
旧電話番号:
フリーダイヤル0120-699-122
電話番号03-5348-5861
FAX番号03-5348-5876
新電話番号:
フリーダイヤル0120-444-554
電話番号03-6300-6201
FAX番号03-6300-6213
別れさせ屋ブリジャール

【恋愛トラブル】元カレに刺されて女性が死亡

元カレがストーカーになってしまい警察にも相談していましたが、

悲劇は起きてしまいました。

弊社でも【別れたい】といったご相談が増加傾向にあります。

夫、妻、元カレ、元カノなど様々です。

理由も様々で、離婚になると財産分与や慰謝料が問題になったり、

恋人で一番多いのがDV等の暴力行為です。

別れたいと言ったら暴力を振るわれ、怖くて二度と言い出せず、

別れられないといったご相談です。

別れ方一つ間違えると大きなトラブルに発展してしまいます。

弊社にご相談いただければ、アドバイスはもちろん、

キレイな別れ方をお手伝いさせて頂きますのでご相談下さい。

 

 

コンビニで女性刺され死亡 牧之原、知人の男 腹にけが

4日午前1時半ごろ、牧之原市波津のコンビニ店で、バス運転手の女性(32)=同市波津=が刃物で首を刺され、約1時間15分後に搬送先の病院で死亡が確認された。牧之原署は、現場にいた女性の知人とみられる40代の男が刺したとみて殺人事件として捜査を始めた。男も自分の腹などを刺して病院に運ばれたが、命に別条はないもよう。同署は男の回復を待って事情を聴く方針。

牧之原署によると、男は女性の元交際相手とみられる。女性がコンビニ店に駆け込み「家の前に元彼が立っていて怖い。警察を呼んでください」と伝え、男性従業員が同署に通報した。間もなく男が来店。従業員が女性をカウンター内にかくまったが、男が侵入してきたという。

別の女性従業員が店舗奥の従業員室から出てきたところ、女性がカウンター内で血を流してうずくまっていたという。署員が駆け付けると、男は自分の腹を刺したり首を切ったりしていた。署員は刃物を取り上げる際に軽傷を負った。現場からは包丁3本が見つかり、血が付着していたという。

同署は男が持ってきた包丁で女性の首や腹を刺したとみている。同署は遺体を近く司法解剖し、死因などを調べる。

現場は国道473号沿いで、県立相良高や市役所相良庁舎に近い。

■別れ話警察に相談 死亡女性3月に

死亡した女性(32)は今年3月、女性を刺したとみられる元交際相手の男との別れ話をめぐって牧之原署に相談していた。

同署によると、2人は2015年6月ごろ静岡市清水区のアパートで一緒に暮らし始めたとみられる。その後別れ、女性は夏以降に牧之原市内のアパートに転居した。しかし、再び男と同せいするようになったという。今年3月24日、女性が「同せい相手と別れ、出て行ってほしいけれど『家財道具は俺の』と言って聞いてくれない」と同署に相談を寄せた。

同署は2人を呼んで指導したほか、男の両親や女性の職場に協力を依頼。同30日には2人が署を訪れ「別れることになった。家財道具は弁護士を交えて話し合う」と告げたという。署はストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)などの事案ではなく、危険性や切迫性はないと判断して相談を打ち切ったという。

関係者によると、女性は15年11月に牧之原市内のアパートに入居。その後、16年4月にいったん退去したが5月に再び同じアパートに戻ったという。

■「ストーカー」同僚に悩み

死亡した女性(32)の知人によると、女性はバス運転手として働いていたという。同僚の50代男性は「以前、ストーカーで悩んでいると言っていた。元恋人で、警察やオートバイ仲間、弁護士らを交えて話し合ったと言っていたし、最近は聞かなかったので解決したと思っていた」と振り返り、「営業所に2人しかいない女性運転手のうちの1人。9月末に職場の仲間でバーベキューをしたばかりだったのに」と肩を落とした。

女性の部屋の近くに住む女性によると、女性は男性と一緒に暮らしていた時期もあったという。近隣に住む女性は「一度引っ越したことがあったが、再び『このアパートがいい』と戻ってきた。まさかこんなことになるなんて」と涙をにじませた。

静岡新聞社

別れさせ屋ブリジャール

【お知らせ】探偵業法に基づく行政処分情報のリンク先が変更になりました。

探偵業法に基づく行政処分情報のリンク先が変更になりました。

新しいリンク先は下記になります。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/tantei/shobun/index.html

 

別れさせ屋ブリジャール

元カノと復縁したい 相談事例②

相談者:男性(28才)/愛知県在住

相談内容:元カノ(28才)と彼氏(年齢不詳)を別れさせたい

職場の関係で知り合った元カノと5年交際しました。

しかし半年前に「好きじゃなくなったから別れたい」と言われ、

別れることになりました。

別れの理由が明確ではなく、腑に落ちませんでした。

私としてはいつものケンカの延長で「すぐにヨリが戻るだろう」と、

安易に考えておりました。

しかし別れてから一切連絡が来なくなり、気になって彼女のSNSを覗いてみると、

新しく彼氏が出来ていました。

「すぐに復縁できる」と信じていた私はかなり動揺しました。

今でも元カノを愛していますし、元カノも私を嫌いになったわけではない、

と信じています。

どうにか今の彼と別れてもらいたいと思っています。

【別れさせ工作】は可能でしょうか?

 

アドバイス

最終的なゴールは【元カノとの復縁】になると思いますが、

【別れさせ工作】が成功したから必ずしも【復縁】が実る訳ではありません。

別れた理由が府に落ちない、、、

という事は他の理由も十分に考えられます。

まずは元カノの本音を聞きだし、【復縁】の可能性があるか、

を探し当てないと【別れさせ工作】が無駄に終わることもございます。

元カノと弊社の女性工作員が友人関係を築き、

【別れた本当の理由】を確認することが最初に必要かと思います。

その理由次第で【別れさせ工作】を行っていくのも良いですし、

ご相談者様自身が改めていくべき事もあるかと思います。

また【復縁工作】でご相談者様へ気持ちを誘導することも可能です。

 

【別れさせ工作】+【復縁工作】の両方を行い、復縁に成功した事例は多数ございます。

お気軽にブリジャールへご相談下さい。

別れさせ屋ブリジャール

息子を彼女と別れさせたい 相談事例①

相談者:父親(55才)/千葉県在住

相談内容:息子(25)を彼女(25)と別れさせたい

3人兄弟の末っ子として生まれた息子(25)に生まれて初めて彼女ができました。

医者を目指す息子は学生時代から真面目で恋愛をしてきませんでした。

その彼女は同じサークルで知り合った女性で、一度紹介されました。

大変良い子で礼儀正しく、妻も気に入っております。

しかしその彼女の親族の中に暴力団関係者がいるようなのです。

息子から聞いた話です。

もしその彼女と結婚なんてしてしまったら、彼女の親族とも親戚になります。

私は公務員なのでその様な事態になってしまうと困ります。

何かあってからでは遅いですし、息子がなにかに巻込まれないかと心配です。

何とか結婚を思いなおす方法はないかと悩んでおります。

息子には、それとなく交際反対を伝えたことがあるが、嫌悪感を抱かれてしまい、

その後彼女の話をしてこなくなってしまいました。

【別れさせ工作】ができるようであればお願いしたいと思います。

 

アドバイス

まず絶対にやってはいけないのが、ご相談者様がやってしまった交際の反対です。

初めてできた彼女と幸せの絶頂にいる息子さんを崖から突き落とすようなものです。

ご相談者様には心を開かなくなってしまうでしょう。

ご相談者様が反対している理由は「自己保身」なのです。

やんわりと伝えても息子さんからすると「自己保身」が透けて見えてしまいます。

正論を振りかざしても聞き入れないでしょう。

やはりこの様なケースですと第三者からの客観的な意見が必要になります。

 

弊社ブリジャールでは、ご相談の内容に応じて、

「別れさせ工作」プランのご提案をしております。

ご相談はお電話、メール、LINE、にて行っております。

是非一度ご相談をお待ちしております。

別れさせ屋ブリジャール